死ぬ前にやっておきたい7つの事

死ぬ前にやっておきたい7つの事

死ぬ前にやっておきたい7つの事

食べ物に対するしつけ

犬を飼うときにはその犬に食べ物に関するしつけもしなければなりません。

 

人間が食べている物を欲しがって手を出してみたり、吠えてみたりという犬がいます。

 

そのまま放っておくとエスカレートしてテーブルの上にあるものを盗って食べてしまうようになってしまいます。

 

人間が食べる食べ物には犬には与えてはいけない食べ物とかもあります。

 

ですから、そういう風に人間が食べている食べ物を欲しがらないようにするために、しつけなければなりません。

 

いぬのしつけ

 

ではどうやってしつけていくのがいいのでしょうか?

 

まず、飼い主が何か食べているときに、犬が欲しがっている素振りを見せたりするとついついあげてしまいたくなりますよね。

 

しかし、欲しがっているからといってすぐ与えないようにしなければなりません。

 

むやみに犬に食べ物を与えてしまうと、健康に害をきたす場合もありますので、注意も必要ですし、甘えたり吠えたりすると食べ物がもらえるんだという認識を犬につけさせる結果になってしまいます。

 

まず、犬のしつけの方法ですが、人間が食べるものを与えないこと、食べているときに食べ物を欲しがって吠えたりしたら叱りましょう。

 

テーブルに手を乗せるようだったらテーブルを一回バンと叩いて大きな音を出して、犬に罰を与えるようにしましょう。

 

これを何回か繰り返していくと、出されたら食べる、そうじゃないときは食べないという認識が生まれます。

 

そうやって人間の食べ物を食べてはいけないんだという学習をさせていきましょう。

旦那が浮気に走る5つの原因と予防策

夫婦仲良く暮らせていると思ったのに、旦那がこっそり浮気していた。

「あんなに愛していたのに、もう信じられない」

 

 

離婚の事案で一番多いのが、夫の浮気が原因だそうです。

夫の浮気を解決する方法は離婚だけではないと思いますが、一度裏切られた旦那とは一緒にいたくないと思う奥さんは多いでしょう。

 

ところで、夫に限らず男性は何故浮気をしてしまうのでしょうか?

それがわかれば、浮気を未然に防ぐことはできるかも知れません。

 

ということで、旦那が浮気に走る5つの原因と予防策をご紹介したいと思います。

 

1.妻(彼女)が構ってくれない

特に既婚者の場合、子供ができるとこの「妻が構ってくれない」という感覚が増すようです。

 

いい大人が何を言ってるの?って感じですが、それだけ旦那さんは妻のことが好きってことです。

 

『構ってくれない』という言い方をすると、子供が拗ねているように聞こえますが、夫や男性の場合はちょっと違います。

 

要は、「話を聞いてくれない」「一緒に何かをしてくれない」というように、妻や交際相手とコミュニケーションをとりたいのに、それができないって感じです。

 

そんな状況の中で、話が弾んだり、一緒に何かを楽しめるような女性が現れたら、その相手の方に気持ちが傾いて行ってしまいます。

 

ですから、できる限り時間を見つけては、夫や交際相手とのコミュニケーションを取ることが必要です。

長い時間を取ることができなくても、上の空ではなくしっかりと向き合いましょう。

 

2.妻(彼女)への不満

1の「構ってくれない」も不満のひとつですが、それだけではなく細かなことも含めで色んな不満が原因になります。

 

例えば、専業主婦の奥さんに対して多いのは、家事をほとんどしてくれないとか勝手に高価な買い物をするとか・・・

 

妻や彼女に対しては、自分のスケジュールに全てを合わそうとするとか、飲み会や交友の機会が多すぎるとか・・・

 

そんな不満を直接妻や彼女に言えないでいる時に、愚痴を聞いてくれる女性に出逢えば「この人ならわかってくれる」ってなってしまうようです。

 

なので、日頃こら何か言いたいことがあれば言えるようなタイミングを用意してあげるだけで、問題を解決できます。

 

3.代わり映えのない日常

妻や彼女と一緒に居ても何も代わり映えしなくて飽きてしまうってパターンです。

 

代わり映えしないってことも大事だと思うのですが、あまりにも変化がないと居てもいなくても同じに感じてしまいます。

 

そんな中で魅力的な女性が現れたりすると、刺激的で「この人の方が一緒にいて楽しいかも」ってなってしまうようです。

 

ですから、やり過ぎる必要はありませんが、服装をちょっとセクシーなものに変えてみたり、新しいスポーツなんかに一緒に挑戦してみたり、日常に少し変化を入れてみるだけでも効果はあります。

 

4.ストレス発散の場がない

仕事や交友関係のストレスを発散する場がないのは辛いものです。

馬鹿なDV男、そのイライラを妻や彼女に暴力としてぶつけます。

 

ストレスが溜まっているとき、その愚痴を聞いてくれる女性がいると魅力的に思えてしまいます。

また、単にそのストレスを他の女性とのエッチで発散する場合もあります。

 

ストレスが溜まってそうだなと思ったら、それを吐き出す場に連れ出してあげるといいです。

 

例えば、野球観戦に行くとか、カラオケでバカ騒ぎするとか、自然の中にハイキングに出かけたりするのもいいですよ。

 

5.その時のノリでつい・・・

これは一番厄介です。

その時の成り行きでエッチしてしまいましたって男性は、元から浮気性の人が多いです。

 

学生時代からコンパや何やで女性と接する機会が多く、よく言う「お持ち帰り」をして一晩だけの関係を持つようなことをしていた人です。

 

自制が効かない性格で、しかもお酒が入ると「まぁいいか!」な感覚が増すタイプです。
要は性欲が有り余っているんですね。

 

相手に心が向いてしまっていないだけマシかも知れませんが、性格なだけに予防策は難しいです。

 

できるだけ、女性のいる(多い)飲み会には参加させないってぐらいでしょうか。

 

 

以上5つ紹介しました。

 

まずは、夫や彼氏に浮気をさせないことが大切ですが、浮気をさせないためにはどうすればいいのか?ってところも気になりますよね。

 

金田秀子さんの『夫の浮気解決法』マニュアルというのがあるのですが、これは浮気をした夫を取り戻すノウハウです。

 

「夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる」というものなんですが、内容は夫に愛される妻になる方法です。

 

つまり、浮気相手よりも妻が一番だと思うようにするためのノウハウです。

 

『夫の浮気解決法』というタイトルですが、結婚していなくても役立つことが書かれています。

 

夫や彼氏にもっと愛されるたいと思うなら、参考になると思います。

中島美嘉のアルバム「LOVE」のジャケット

中島美嘉の目に魅せられて、ファンになりました。

 

中島美嘉の目はまだ見た事のない何か特別な力を感じます。

 

今までは、恥ずかしながら知りませんでした。

 

シングルやアルバムその他いろいろと調べてみました。

 

中島美嘉は、子供の頃から歌手に憧れ高校には進学せずに、地元の鹿児島ではファーストフーズ店(マック)でバイトをしていたらしいですね。

 

バイトをしながら音楽の道を目指してがんばっていたんですね。

 

その後に レコード会社に送った1本のデモテープがきっかけで、(このデモテープを聴いて中島美嘉を見出してくれた担当の方はすごい!尊敬します。)

 

ドラマ「傷だらけのラブソング」 ヒロインに大抜擢され、そしてこの「傷だらけのラブソング」というドラマのなんと、主題歌を歌うことが決まりデビュー曲「STARS」で華々しくデビューしました。

 

その「STARS」の入ったアルバムも順調に人気を上げ、それまでアルバイトと音楽の勉強をしながら、高校の進学をやめて自分の志を貫く姿勢などの苦労が報われた瞬間ですね。

 

新人ながら異例のオリコン初登場3位、60万枚を超えるセールスを記録。

 

アルバム「TRUE」も追随した。

 

以降、リリースされるシングルすべてがヒット、アルバムも比例して伸びを記録しました。

 

まさに中島美嘉は、それまでの努力と天性の才能とをフルに発揮して今日あるまさに「STAR」の座を射止めたのです。

 

ちなみにジャケットの写真はアルバムの「LOVE」の物が特に気に入っています。

ニュージーランドのフィヨルドランド

世界中のトレッキングファンを魅了するのが、ニュージーランドのフィヨルドランドです。

複雑に入り組んだ海岸線、鋭く削り取られた峡谷、流れ落ちる無数の滝・・・ここは約200万年前~1万2000年前にかけて、氷河がつくりだした絶景です。

 

ニュージーランドでは、トレッキングのことを「トランピング」といいます。

 

ニュージーランドで非常に盛んで、特にこのフィヨルドランドのコースは、大自然の神秘が凝縮した魅力溢れるコースです。ガイド付きのトランピングツアーが多数催行されています。

 

代表的なコースは、「ミルフォード・トラック」と「ルートバーン・トラック」です。

 

●ミルフォード・トラック
テ・アナウ湖最北端のグレイド・ワーフからミルフォード・トラックの終点でもあるサンドフライ・ポイントまでの約55キロメートルを3泊4日で歩きます。

「世界一美しい散歩道」と賛美されるコースです。山道を歩くことから少々?ハードです。

 

●ルートバーン・トラック
フィヨルドランド国立公園とマウント・アスパイアリング国立公園にまたがるコースです。

バスでディバイドへ赴き、そこからルートバーンの終点までの約41キロメートルを歩きます。山の尾根を歩く感じです。通常2泊3日のコースです。

 

トランピングは、個人でも歩けますが、ガイド付きツアーがお勧めです。早めの予約が必要です。

 

マオリの人びとは、このフィヨルドランドを「入れ墨のくぼみ」と呼びます。

 

彼らの伝説によるとここは神によって作られたところなのです。実際、ここを訪れたものはその神秘的な自然の姿に圧倒されます。

山形花笠まつり

東北4大祭りの1つに、山形の花笠まつりと言う夏祭りが有ります。
 

「ヤッショー、マカショ」と言う掛け声と、花が付いた笠を被って花笠音頭を優雅に踊りながら市内をパレードして回るお祭りです。
 

山形の代表的な夏祭りと言うと、花笠まつりになります。
 

どれ位の規模で行われるかあまり予想出来ないかもしれませんが、お祭りが開催される3日間で約1万人以上もの方が踊りに参加する位大きいお祭りです。
 

踊りは個人で踊るのではなく、団体ごとに踊るのですが、100団体以上も参加しているので凄い人数になりますよね。
 

その人数で踊り歩くので、かなり長い距離を歩くのかと思えばそうでもなく、歩いてみるとたった5分程の長さらしいですので、短い事が分かると思います。
 

最近では踊りも数が増えているみたいなので趣向を凝らしやすくなりましたし、優雅に踊る姿が見ている物も魅了します。
 

また、飛び入り参加等も出来るみたいですので、この時期に山形へ旅行で行っているなら是非さんかしてみてはいかがでしょうか。
 

花笠祭りの歴史についてですが、尾花沢市にある徳良湖が作られた事に関係していて、大正8年に作られた際、作業員が歌っていた歌が後の花笠音頭になった様です。
 

そこから、山形全体で踊られる様になったのは、昭和30年代後半、蔵王観光をPRする際に蔵王夏祭りを開催しました。
 

そのイベントの1つとして花笠音頭で踊りを踊ったのがきっかけで、翌年から花笠音頭を踊るお祭り、花笠まつりが始まったのが始まりの様です。