どもりとは言葉が滑らかに話すことが困難な病または障害のことです。

以前よりも検索回数が突然に伸びている吃音(どもり)についてのニュースは気になりませんか。

吃音(どもり)の詳しい部分は注目していたというような人も、結構多いように思っています。

そんな訳で、手前味噌ですが吃音(どもり)の話題になっていた情報や書き込みなどを、少しですが引用してみました。

吃音は別名「どもり」と言われることもありますが、現代【どもり】と言うのは、放送に適さない表現と同然だと見られ公的な場所あっては使用されることは減っています。

吃音症の原因として、発達に関係のあるものと後天的なものが存在します。

吃音の水準や症状が起こる言い方や局面などには個人差があり色々あります。

吃音の症状は大別すれば連続型、伸発型、難発の3タイプです。

近年は更に細分化して専門的にした類別がされてきています。

また、吃音は1:3で女子より男子が多いそうです。

このことは、女子が男子より年齢が低い時期に胸で呼吸することに変化していくからだと言われていますが、吃音(どもり)の原因が呼吸のシステムにあるのだといった根拠を見つけるのは厳しいようです。

診断は基本的に吃音の治療を手がけている言語障害などを治療する言語聴覚士 (ST) のいる耳鼻科の病院の医師が行います。

改善法はというと様々あるようですが、症状や遺伝的なものも関係して絶対にこれしかないという治療法はありません。

吃音(どもり)の治療ではそれを行うことが患者の相当なストレスであることも充分あります。

より踏み込んだ解説は、専門サイトなどで探してはどうでしょうか。

mrm吃音内容
mrm吃音改善
mrm吃音どもり